ブログトップ

携帯電話ジャミング装置・携帯電話ジャマー・電波遮断機に関する知識

goobuy.exblog.jp

goo-buyは携帯ジャマー製品の卸売と小売りの中国の通販専門店http://www.goo-buy.com/blog.html

中国の軍隊に携帯 4G 電波遮断が無人機に使用し始まる


無人機操作と4G 電話ジャマーの週波数についての知識


ウィキペディアの説明によって、FPV(一人称ビュー)はRPV(遠隔人の角度)やビデオナビゲーションと呼ばれます。それはリモートコントロール模型飛行機や車の模型に基づいてワイヤレスカメラを内蔵するのバックパス設備で、地面で画面を見て模型を操るの新たな遊び方です。過去数年間で、無人機を利用する人がだんだん増えてきます。このようなFPV活用方法は最もよく見られます。

無人機は実際にパイロットの接眼レンズ監視である、もっと高いバージョンの無人機はパイロットの接眼レンズには二つの車載カメラと携帯ジャマー 4gを内蔵します。3 Dビューをすることができます。


Wi-Fi電波遮断機週波数についての基本知識を勉強しましょう


携帯ジャマー4g

2.4GHz帯と5.8GHz帯は地上電波送信機とUAVに接続されている用の2つの最も一般的な周波数であります

2.4GHz帯は一般的な無線周波数である。よく地上のトランスミッタ軸航空機とUAVに接続するために使用されます。もし君が周波数についてのことが詳しく分かたら、2.4GHz帯も無線コンピュータネットワークに使用されていることがきっと知っているかもしれない。だから、無線信号があまりにも多くの密集住宅街の中には飛行器の制御を失った事故が多いことが予想できます。


携帯


無人機のもう一つ問題は車両のナビゲーションシステムを妨害することです。これは主な原因は2つの送信機が一斉作業したので、ひとつは導週波数信号を車両のに伝え、もう一つはビデオ信号を運転者に伝送します。


5.8GHz帯は、他のRFに同じ周波数帯の絡み合いを回避するために、4軸航空機の技術で使用されます。この週波数はダウファントムモデルに見られます。UAVはどのように無線週波数の問題を回避かを見てみましょう


Phantom 1この無人機は2.4GHz帯で作業します。もしあなたはFPVに参加する予定の場合は、一般的な問題を回避するために、携帯 抑止装置 ジャマーの5.8 GHzの周波数を使用して、それを自分で行う必要があります。


電波


もしあなたがGOPROまたは他の行動のカメラの独特の無線システムを使用する場合は、ワイヤレスオプションがオフになっていることを忘れないでください。さもなくば、それは航空機を妨害する可能性があります。Phantom FC40 無人機は5.8 GHzの無線周波数を採用しました。そして、単一の3.4GHzシステムを持っているので、パイロットにビデオや写真を送信することができます。


Phantom 2この無人機が無線シグナルの妨害機の2 . 4 GHzの無線週波数で制御を使うので、付加ツールを使わなければならないのです。ですから5 . 8 GHzの週波数を使用してFPV信号を伝送します。


Phantom 2 Vision とVision+この2種類の無人機は5 . 8 GHzと2.4GHzのFPVを使い分け、スマートフォンのアプリケーションの接続や遠隔測定を利用します。


ポータブルジャマー最後の結論


したがって、もしあなたがカメラのないファントムUAVとその他の無人機を買ったら、5.8 GHzの周波数とFPVの使用する必要があります。ところで、それは注目に値することはRF信号がLOSや視覚信号線と言われています。もしUAVとリモコンの間にはバリアがありませんが、それは彼らが働くことができないことを表示します。無人機の最高の飛行エリアは直接肉眼でそれを見れます。さもなくば、あなたの無人偵察機を損傷したり、失われる可能性があります。


[PR]
by goobuy | 2015-11-20 20:39 | 携帯 4G 電波遮断